外国人介護人材受入れの仕組み

2020年1月30日時点では、日本で外国人が介護分野で働くためのビザは、「EPA(経済連携協定)」、「技能実習」、「介護福祉士」、「特定技能」の4つがあります。受入れの流れについては下記のリンクからご覧ください。
外国人介護人材受入れの仕組み
(リンク先:厚生労働省)

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ (法人様)