1月3日から15日までレベル3のロックダウンが実施されます

コロナウイルス、オミクロン変異株に対する懸念が続く中、フィリピン当局は本日1月3日から15日までマニラ首都圏でレベル3のロックダウン措置を取ることになりました。

レベル3の規制は、コロナウイルス実施要項の5段階の警戒レベルシステムのうち、3番目に低いものである。会議や展示会場、観光・レクリエーション施設を含むその他のほとんどの企業は、参加者全員が完全に予防接種を受けていれば、屋内と屋外でそれぞれ30%~50%のキャパシティで運営することが可能です。

対戦相手の体に接触するスポーツ(ボクシングやラグビー等)、対面式の教室、カジノや賭博場などの事業は停止されます。地域内および地域間の旅行については、より厳格な実施要項が定められている地方自治体を除き、可能です。

公共の場では、引き続きフェイスマスクの着用が義務付けられています。

フィリピン当局は、コロナウイルスの活動が活発な地域において、急遽、局所的なロックダウンを実施する場合があります。これらの地域での制限は、通常、地域への出入りを停止し、不要不急の活動を禁止することを含みます。

◆住所; 〒1780 フィリピン共和国モンティンルパ市アヤラアラバン, マドリガルビジネスパーク, 1215アカシア通り, ページ一ビル102号室 (MAP)
◆住所; Unit 102 Page 1 Bldg., 1215 Acacia Avenue Madrigal Business Park, Ayala Alabang, Muntinlupa City, 1780 (MAP)
◆電話番号:+63-917-142-0203 (日本語対応)
◆メールアドレス: j.sudo@linkasiamanpowersolutions.com(日本語対応)
◆フィリピン人材データベース: http://applicants.linkasiamanpowersolutionscorp.com/
◆公式ツイッター: リンクアジアのTwitterページ
◆公式インスタグラム: リンクアジアのInstagramページ
◆公式フェイスブック: リンクアジアのFacebookページ
◆公式ユーチューブチャンネル: リンクアジアのYoutubeチャンネル

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ (法人様)